4コマ③

ぱんだくん③

あのとき感じた恐怖はじくじくとまだ足元に横たわっています。
たぶん、これからも消えないで抱えていくんだろうと思います。